極楽浄土をARで可視化するプロジェクト。
 

寺自体が装飾的なのでタブレットケースには特別な存在感は必要ないと考え、障子のようなシンプルなケースとした。あちら側(AR)とこちら側(現実)を意識せずにつなぐ開口部と捉えた。

極楽浄土AR

極楽寺

極楽浄土AR タブレットケース

(c) oodesign, All rights reserved.

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic