神社仏閣に古来より用いられてきた木彫の技術。

その中でも代表的なモチーフである雲のかたちから生まれたダンベルです。装飾としての彫刻が機能を持ち、まさに「雲をつかむ」新しいデザインとなりました。熟練した職人がひとつひとつ彫りあげており、製品ごとに異なる質感、木目、芳香、重量感といった天然木ならではの特性も楽しめます。

 

樹種はヒノキ、クス、ケヤキ、ウォルナット、ホワイトアッシュ(藍染)の5種類。重さは0.5kg、1kg、2kgの3種類。

 

徳島県海外事業「Blue2@Tokushima」プロジェクト

有限会社伊川彫刻店 三代目彫昌 と協働

ClouD 木彫りのダンベル

(c) oodesign, All rights reserved.

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic